薬剤師が製薬会社に転職するなら

薬剤師の資格がある人は、薬局やドラッグストアで働くだけでなく、製薬会社で働く人が多いです。

薬剤師は製薬会社で活躍する場は多く、製薬会社へ転職する薬剤師も多いようです。

製薬会社でどんな仕事があるのでしょう。

《製薬会社でする仕事》

薬剤師が製薬会社でする業務内容ですが、代表的なものは研究職、開発職、学術職、DI職、MR職があります。

自分で新薬を開発したい、薬の研究をしたいという人は、製薬会社での活躍を希望することが多いようです。

薬剤師の資格があれば、こういった求人があれば応募可能です。

《気になる収入は》

薬剤師の資格を持ち、製薬会社で働いた場合、収入はどれくらいなのでしょう。

研究や開発、営業など部署によって収入は異なりますが、平均して年収450万円くらいではないかと言われています。

ただ、MR職は能力や実績が給与に反映しやすいもので、会社によっては年収1000万円を超える人もいると言われています。

気になる記事≫http://www.sankei.com/west/news/161026/wst1610260001-n1.html

《製薬会社への転職のメリットデメリット》

薬剤師が製薬会社へ転職するメリット、デメリットがあります。

まずメリットですが、薬剤師の他の職業と比べると、待遇も良く給与水準も高いところです。

また、福利厚生がしっかりしている会社が多く、働きやすいです。

週休2日制の会社が多いので、休みもしっかり取れます。

一方デメリットは、研究職や開発職の場合、特定の大学院の修士課程修了以上を応募条件にしているところが多く、転職するにしても簡単にできないケースが多いです。

また、他の職種も人気があるため、競争率が高いので注意してください。