看護師が製薬会社に転職するなら

看護師の資格がある人が、製薬会社へ転職する例もあります。

製薬会社から求人が出ることがあるのです。

病院での看護師業務から転職する人も多く、看護師の転職先として人気があるようです。

《製薬会社での看護師の仕事は》

看護師が製薬会社で働く時の仕事内容は、治験依頼者のモニターか製薬会社の医務室で働く産業看護師のどちらかです。

ただ、産業看護師は求人数が大変少ないので、多くは治験依頼者のモニター(CRA)の仕事となります。

CRAとして製薬会社に入った場合は、今までの臨床現場での仕事とは内容が変わります。

《具体的にどんな仕事をするの》

CRAとはどんな仕事をするのかと言うと、全国の治験を行っている医療機関に定期的に訪問する仕事です。

製薬会社は、発売前の薬の認可を得るために医療機関にテストをして欲しいと依頼します。

その依頼を受けて医療機関が薬のテストを行うのですが、製薬会社側のとして治験の監査をするのがCRAなのです。

治験を行っている医療機関に訪問して、治験者の安全が保護されているか、ルール通りに治験が行われているかなどをチェックするのです。

《看護師の資格が役立つ》

CRAは医療の知識と経験が必要となります。

そのため、CRAは看護師や薬剤師の資格がある人が歓迎されます。

看護師の資格を持ち、臨床現場で働いた経験があるのなら、製薬会社への転職は有利と言えるでしょう。

病院での交代勤務がきついなと感じた人が、製薬会社へ転職することもあるようです。