派遣という形で製薬会社で働く

今は派遣という形態で働く人が増えています。

派遣先はとても多くの会社があります。

その中に、製薬会社も含まれています。

製薬会社の派遣は、どのような仕事があるのでしょう。

《製薬会社の職種》

製薬会社の派遣の職種は、事務職が多いです。

治験や臨床試験で回収された報告書データの入力、チェック、修正などのデータマネージメント、医薬品開発における治験契約やモニタリング業務、報告書のチェック、治験終了の手続きといったモニター、治験実施計画書のチェック、治験の質を検証する品質管理、医療製品の製造や輸入販売における厚生労働省の許可を得るための申請書の作成や届出をする薬事申請といった職種があります。

特に臨床試験のデーターなどは不備があると大変なことになる為、注意して行って下さい。

check!加熱式たばこ「iQOS」の臨床試験に不備が発覚 | ロイター | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

《経験者が歓迎される》

製薬会社の派遣は、製薬会社での勤務経験がある人が歓迎されます。

事務職でも専門的なものなので、この仕事を経験していた方が即戦力になるからです。

製薬会社で働いていたが転職したいという人が、転職先を決めるまでの間、派遣として働くこともあるようです。

もちろん、製薬会社で専門事務職の経験が無くてもできる総務関係や経理などの仕事がありますが、経験者の方が有利となっているようです。

《会社内に派遣会社社員が常駐するところも》

通常はあまりないのですが、外資系の製薬会社には派遣会社の社員が常駐しているところが多くあるようです。

派遣で仕事をしていて困ったことや相談したいことがあればすぐに相談できるので、派遣先での仕事も不安なく働けます。

派遣で製薬会社に行くのもおすすめですよ。