製薬会社の求人内容について

将来を見据え医学や製薬の分野への転職を考えている人は多いのではないでしょうか。

中でも製薬会社は職種が多岐にわたる事もあり、文系出身の転職希望者も珍しくありません。

では、その製薬会社の求人内容にはどのようなものがあるのでしょう。

《製薬会社の仕事内容》

製薬会社での仕事は新薬の開発などを行う理系向けの仕事と、営業販売促進という仕事があります。

新薬の研究や開発を行う仕事の場合は薬学やバイオテクノロジーなどの専門の大学や大学院を卒業していないといけませんが、それ以外の仕事に関しては専門知識がなくても大丈夫です。

研究開発以外の仕事なら、製薬会社が初めてでも転職することは可能です。

《稼げる営業職とは》

製薬会社で稼げる営業職があります。

MRと言われる仕事で、医薬品の販売促進を行います。

主に医療機関に営業に行き医師や薬剤師に薬のPRをします。

MRは認定されないといけませんが認定されれば稼げる営業職と言われており、MRとして働きに行きたいと考える人が多いようです。

《転職の求人も多め》

製薬会社では人が生きるために必要とされるものを扱っているので、とてもやりがいがある仕事ができます。

転職の求人も多く、特にMRはたくさん求人が出ています。

また、製薬会社は不況に強いと言われていますので将来も含め安心して働ける場所と言えます。

製薬会社へ転職したいと考えている人は転職サイトなどで絞り込んで探してみると良いでしょう。